家族葬に関する情報サイト

最近のお葬式は家族だけでされる方も多いようです。家族葬とは家族や親族、親しい知人や友人を中心に行う葬儀の形式の事をいいます。
このサイトでは気になる費用相場や、どのようなプランがあるのか、参列の際のマナーや服装、気になる香典はどの位かを紹介いたします。突然の訃報には誰しも戸惑ってしまう事でしょう。その様な時にもあせらない心構えが必要となりますので、葬儀の流れや日程の調整などの情報が少しでも参考になればと思います。

家族葬の流れ

家族葬の流れ 家族葬と一般葬では、葬儀に参列する方が限られることが一番の違いといえます。その為には事前に誰を呼ぶべきであるかをある程度決めておく必要があるでしょう。
葬儀の流れや日程上、呼ぶ方には訃報をお知らせすることになりますが、呼ばない方には葬儀が終わった後にお知らせしたほうが良いのか迷ってしまう事があります。お知らせの方法はこれといって決まったものはありませんが、あとで「どうして知らせてくれなかったんだ」などのトラブルとならないように、事前にお知らせする方法や対処法を考えておいたほうがよいです。電話でなかなか報告しづらい場合、家族葬にて執り行ったことを挨拶状で報告する方法もあります。その際にはすぐに知らせなかったお詫びも入れるようにしましょう。

故人とのお別れの時間を持てるメリット

故人とのお別れの時間を持てるメリット 家族葬というのは、近年増えている葬儀の形です。一般葬と比べると規模が小さく、故人とのお別れを家族や親戚、あとは親しい人で送るものです。
参列者が多くないので、家族は故人とゆっくりお別れをすることが出来ます。人の出入りも少ないので、落ち着いた雰囲気の中で最後の時間が過ごせます。家族葬の規模は小さくても、一般葬と同じように通夜・葬儀・告別式の流れで行われます。
費用については、参列者が少ないことで返礼品や飲食費が抑えられます。使用する式場も狭い所ですみ、飾る花代の費用も少なくてすみます。ただし宗教儀礼を行う場合は、お布施代は通常のお葬式と同じように必要です。家族葬の全国平均費用は96万円くらいです。安いプランでは30万円前後からあり、最も多い価格帯は40~60万円となっています。
一般葬は準備することが多く、故人を看取ってから火葬までは悲しむ間もなく、駆け抜けているような状態です。お別れに費やす時間もないほど、やることに追われることも多いです。それに比べると家族葬はごく近しい人に来てもらうだけなので、それほど気を遣うこともなく、準備の内容も少なくて済みます。故人のそばにいて、お別れをする時間が持てることが良いところと言えます。

無宗教であっても家族葬を行うことができるか

近年宗教に属さない人が増えています。たとえ宗教に属していなくても親しい人が亡くなった場合は葬儀を行うことが多く、どのような形式で行ったらよいのか悩むケースが多いです。無宗教で行える形式に家族葬または自由葬があります。
家族葬は一般葬と似ていますが、故人と親しい友人、遺族や親族のみで行うものであり、受付などを設けず自由に行える葬儀です。そのため宗教は関係がなく、音楽を流したり故人のスライドを流したりと様々な演出を試みることができます。僧侶に読経をしてもらいたい場合は、家族葬を執り行う葬儀会社に連絡をすることで、身近なお寺を紹介してもらうことも可能です。
家族葬の流れは参列者の入場に始まり、開式の辞、黙とうや献奏、弔電の紹介や献花、閉式の辞となることが一般的になります。献花は故人の好きな花をお供えすることができ、華やかさを演出することもできます。特定なマニュアルは存在しないので、遺族間で自由に考えることができ、よりゆっくりと最期のお別れをできることが多いです。

家族葬を執り行う上での一日の流れを把握する

葬儀には様々な種類がありますが、その中で選ばれる事が増えてきている種類として家族葬があります。
一般葬と何か違うのかという点ですが、参列者の人数に大きく違うのが特徴です。一般葬の場合は通夜と告別式の間、参列者の制限はなく多くの人が参列する事が可能です。そのてん家族葬の場合は参列者の人数を遺族が決めることができるので、一般葬に比べると規模を抑えた式に出来るのがポイントになります。実際に一日の流れですが、家族葬という名前であっても一般葬と基本的には同じになります。通夜と告別式を2日間に分けて執り行われるので、通夜の場合は夕方から行われ告別式は斎場のスケジュールによって式が執り行われます。一日の流れは基本的には同じになりますが、喪主含めて遺族への負担はぐっと軽く抑える事が可能です。参列者の対応も抑える事ができるので、逆に喪主や遺族も葬儀の際にゆっくり故人との最後のお別れをする事ができる葬儀にする事ができるのが特徴といえます。

家族葬に友人が参列する際のマナーについて

現在日本では規模の小さな葬儀が主流になりつつあり、家族葬をメインとした葬儀業者もかなり多くなりました。家族しか参列することができないというイメージがありますが、人数や範囲に決まりがあるわけではなく自由度が高いのも特徴であり利点です。
故人と親しくしていた友人ならば、参列したいと考えるのは当然のことではないでしょうか。しかし遺族が家族のみで執り行いたいと考えている場合には、足を運ぶと迷惑になってしまうので行くべきではありません。ですが遺族から参加して欲しいと言われた場合には、足を運んでも問題はなく参列するべきと言えます。家族葬の場合には公電は受け取らないというケースも多いので、その点も理解しておく必要があります。家族葬でも通夜と告別式が二日に分けて執り行われることが大半となっていますが、その場合にはどちらに参列するべきかという点もしっかりと考えて最適な方に足を運ぶようにし、身嗜みのマナーにも十分気を付けましょう。

葬儀で家族葬を選ぶメリットや特徴について

近年日本では規模の小さな葬儀が需要を高めており、家族葬もかなり身近な存在になりました。
家族しか参列できないというイメージがありますが、定義があるわけでは無く自由度が高いのも人気の理由の一つです。家族や親族だったり、本当に故人と親しかった友人などごく身近な人のみで執り行うスタイルとなっており、規模が小さい分金銭面の負担の軽減につながるのはもちろん、精神的な負担も軽減するという点も魅力です。会場が小さくて済むのはもちろん、飲食接待費も最低限にすることができたりと金銭面の負担軽減になりますが、それのみでは無く挨拶で精神的な負担になってしまうこともなくなったり、グレードで見栄を張る必要もなくなります。
本当に別れを惜しみたいはずの喪主を始めとした家族が、会葬者への対応に追われることなくゆっくりと最後の時間を過ごすことが出来るようになるというのは、家族葬の最大のメリットであり近年人気を高めている理由となっています。

家族葬で起こりがちなトラブルをまとめて紹介

まず家族葬で多いのが呼んでいない人間に関するトラブルです。
一般葬と違って参列者の範囲が狭いのですが、これに納得しない方がしばしばあります。結果的に呼んでいないのに押しかけてくるケースが、なくはありません。
また参列者の一部が勝手に声をかけてしまい、呼ぶ予定がない人間が次々とやってくる場合もあります。他には遺族間で誰を「呼ぶ・呼ばない」で揉めることもあるようです。次に香典絡みのトラブルも珍しくありません。家族葬では香典を辞退するケースが多いのですが、無理やり渡そうとする者が出てくるのです。根負けして受け取ると、他の人は納得ができません。
後は思っているより費用が掛かる時があるのも、家族葬では気を付けたい部分です。香典を受け取らない分、葬式費用に関する支出を相殺できません。
このため規模の割にはお金がかかったと言う印象を覚える方は多くあります。対策としては、予め念入りにプラン設計を考えておきたい部分です。

近年家族葬が増加している理由には何があるのか

葬儀の形式として近年増加傾向にあるのが、家族葬です。家族葬は遺族と親戚のみで執り行う小さな葬儀であり、まれに故人と親しい友人が参列することもありますが、基本的には身内のみで行います。進行は一般葬とほぼ同じですが、規模が大変小さく、さらに受付なども設けません。宗教や宗派に関係なく執り行うことができ、故人とゆかりのあるものを並べる、音楽をかけるなど自由に決めることができます。
近年家族葬が増加しているのは、少子高齢化が影響しています。高齢化社会に伴い、故人の友人はすでに亡くなっているケースも多く、参列する人自体がいなくなっているケースが多いです。さらに人と人とのつながりが希薄になってきているため、葬儀に参列するまでの間柄ではないことも関係しています。
費用面でも影響が出ており一般葬は100万から120万円ほどかかりますが、家族葬は80万円前後におさめることができます。
地域差はあるものの準備や費用の負担が少なく、葬儀に関する費用を抑えることができる点も増えている理由となっています。

形式にとらわれない演出をすることもできる家族葬

日本でお葬式といえば仏式方式の一般葬がポピュラーです。日本国内で執り行われるお葬式の、約8割がこの一般葬と言われています。
ですが近年、注目を集めているのが「家族葬」です。文字通り故人の家族や親族、本当に親しかった友人など、ごく親しい方のみ少人数で故人をお見送りするお葬式となっています。形式は仏式の一般葬と同じようにお通夜や告別式を執り行いますが、参列者の人数が限られていることでご遺族の様々な負担を軽減できるとして、注目を集めているようです。
また、家族葬は一般葬とは異なり形式にとらわれずに演出できるのも特徴です。故人の思い出の品を展示したり、よく聞いていた音楽をかける、形式的なことは行わずに故人が好きだった食べ物などをみんなで一緒に食事して、会話を楽しみながらお見送りするなど様々です。
一般葬だと難しい演出も家族葬であれば行えるかもしれません。亡くなった方の個性が光るようなお葬式にしたいという時にも、家族葬はおすすめと言えます。

家族葬には家族だけでなく故人の友人も参列できる?

核家族が増えている現代で注目を集めている葬儀のスタイルの1つには、家族葬があります。少人数でゆっくりお別れができることから選ばれることが増えているこのようなお葬式をする場合には、故人の友人は参加できるのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
確かに家族葬は家族の葬儀という意味のある名称であるため、家族しか参列できないと思われることも少なくありません。確かに親しい人たちだけを呼んで行うこの葬儀は、主に家族を中心とした故人の身近な人たちでお別れをするのが一般的です。
家族という言葉が名称に入っていますが家族だけしか列席できないというわけではなく、場合によっては親族や友人を呼ぶこともあります。また参列する家族や友人の具体的な人数もそれぞれのケースによって異なり、何名までというはっきりした定義があるわけではありません。
家族のように親しくしていた友人がいるのなら、列席してもらうのがおすすめです。

家族葬をする時は葬儀会社に相談するのが一番

家族葬をすると決めた時に、葬儀会社を見比べる方も多いですが、希望のプランや料金がない場合もあります。そんな時には、直接どんな家族葬を希望しているのかを伝える事で、独自の料金価格で対応をしてもらう事が可能です。
火葬のみで家族だけで見送るのも家族葬の一つですが、プランに含まれていない場合、対応してもらえるのか電話で連絡を取ってみましょう。
相談や事前の見積もりは、とても大切な事なので、家族が病気である場合や余命宣告を受けている場合は早い段階で葬儀会社を決めておくとスムーズです。亡くなってからでは、ゆっくり会社を選んでいる時間はないので早めの行動が大切です。
金銭的な理由で予算が低い場合や、故人の希望がある場合もしっかりと相談をしましょう。また、相談後に見積もり価格以上の料金が掛からないのかを確認しておく事も重要です。
選ぶ葬儀の会社によっては、別途料金が発生する場合がある為、トラブルにならないように要注意です。

外国でもおこなわれることがある家族葬による葬儀

日本では家族葬により葬儀をおこなう家族が増えています。こうした方法で葬儀をする人が増えている理由の一つは、従来のタイプの葬儀を開催すると、非常に多額の費用がかかるからです。
家族葬は日本国内だけでなく、海外で開催される場合もあります。外国では国によって葬儀の方法も大きく異なっていて、日本よりも多くの人が参列する葬儀が開催される国もあれば、家族単位でおこなわれる場合もあります。アメリカなどでも家族葬がされることがあり、アメリカと日本の大きな違いは、アメリカ人は亡くなる前に本人が直接葬儀会社と契約する場合が多いことです。このような方法で契約をすることのメリットは、亡くなった後に故人の家族が葬儀を負担する必要がないことです。
葬儀の代金も葬儀会社と契約をした故人が支払っていることが多いので、残された家族に葬儀を開催できる資金がなくても式をおこなうことができます。
こうした方法で葬儀をする時にも、家族葬がおこなわれることがあります。

家族葬のデメリットは知名度がまだ一般葬より低いこと

家族葬のデメリットは、一般葬と比べるとまだ知名度が低いため、年配の方を中心によくわからないと考える人が少なくないことです。そのため家族葬を行うというお知らせをしても、これまでの葬儀と変わらないのではないかと考えて参列する人もいますから注意が必要です。
家族葬は一般葬と比べると参列者が、親族や親しい友人だけに限られるという特徴がありますから、事前にお知らせをしておかなければなりません。身内だけで葬儀を行いたい理由や、静かに見送りたいからという喪主からの説明があれば納得してもらえるでしょう。年配の方にとって葬儀というのは多くの人が集まって行うものだという先入観がありますし、もし事前に葬儀を行うということをお知らせしなければ気分を害されてしまうこともあります。これからの人間関係を考えても、あらかじめ家族葬を選んだ理由などを丁寧に説明しておくと安心です。知名度のデメリットはあるものの、費用を安く抑えられたりアットホームな葬儀になるといったメリットのほうが多いといえます。

家族葬の歴史をたどってみる事にしましょう

冠婚葬祭はその時代を映す鏡と言っても過言ではありません。時代と共にその形式やトレンドが移り変わっています。バブル崩壊までは冠婚葬祭と言うと、絢爛豪華な参列者の多い披露宴や一般葬がスタンダードだったのです。
大規模な冠婚葬祭のために、貯金したり親からお金をもらう人も少なくありませんでした。ところがバブル崩壊とともに人々の価値観は大きく変わることに成ります。デフレ経済に陥ってしまい冠婚葬祭にお金をかけられる家庭はごく限られるようになり、極力スマートに節約志向で結婚式や葬儀をしたい人が多くなりました。顕著なのが葬式の家族葬と言えます。これはバブル崩壊後から徐々に増えていき、ここ二十年で最も人気の有る葬儀スタイルに成りました。歴史は浅いものの、ほとんどの人が今では家族葬を選択しています。これは一般葬の三分の一以下の費用で葬式を執り行うことができます。もはやさらに安い費用の直葬と言うスタイルまで人気になりつつあるのです。

家族葬の所要時間は一体どれくらいなのか?

日本も伝統や文化、慣例にのっとるばかりではなく、新たな価値観や考え方が容認される社会になってきました。これは冠婚葬祭に顕著に表れるようになっているのです。
かつては結婚式も葬式も極力多くの人に参列してもらうのが当たり前で、新郎新婦や故人のために成ると考えられていたのです。ところが不況と言うこともありこうした盛大な冠婚葬祭が執り行うことが出来なくなり、節約志向にスマートに執り行うことがスタンダードになってきました。中でも葬儀は大きな変化をとげ、今では家族葬を選択する人も多くなっています。第三者の参列を辞退し身内だけでとり行う気楽さもあって、さらに人気と成りました。家族葬はごく限られた十名ほどの身内でのお別れ会になるので、所要時間も非常に短くなります。読経や焼香、献花など一般葬と内容は同じであるものの、少人数なので時間がかからず、所要時間は一時間程度ともいわれているのです。しかし故人としっかり向き合えるので満足度の高い葬儀に成ります。

家族葬には守るべきマナーばあるのは本当ですか

昨今、人々の価値観や考え方に変化が見られるようになっています。また日本社会もこうした人と異なる考え方や価値観を容認するようにもなってきました。こうしたことは冠婚葬祭に顕著に表れるようになっているのです。
今までは人と同じように大規模な会場で多くの参列者を招き、葬儀告別式を行うのが当たり前でした。しかし不況も相まって、十分に資金がないためにスマートにそしてコンパクトに葬儀を行う人が増えているのです。そこで人気になって居るのが家族葬と言う葬儀スタイルで、ごく限られた10名程度の親族だけで小規模に行う葬儀スタイルを指します。身内だけの家族葬なので守るべきマナーなど、厳格なものはないと考える人が少なくありません。ところが訃報を個人の交友関係には必ず伝えなければいけないというマナーが存在するのです。第三者の参列を辞退するといった旨を伝えるためにも、友人や職場関係には必ずFAXなどで訃報を伝えるようにしなければいけません。

近年選ぶ人が増えつつある家族葬と密葬の特徴

家族葬とは、亡くなった人の家族や親しい人たちだけで行う葬儀のことをいいます。一般的な葬儀では、故人と関わりのあった人たちをたくさん招いて開催するのが常でした。それに比べて、家族葬では、限られた人たちだけを招いて行うので、アットホームな雰囲気の中で行われるのが特徴です。亡くなった人との最後の時間を大切にしたいと言う時や、互いにエピソードを語り合うなどして思い出したいと言う時にお勧めです。
一方で、密葬とは、本当に親しかった人たちのみを限定して招待して行う葬儀のことをいいます。この点では、家族葬と同じようなコンセプトですが、身内のみを招いて開催したいといったように、プライバシーを重視するときに選ばれることが多いです。費用については、家族葬も密葬も一般的なものに比べると、かなり費用が抑えられると考えて良いでしょう。場合によっては式場を借りる必要もありませんから、かなりのコスト削減につながります。ただし、これらのタイプは、故人との別れを惜しむ人が多い場合には向いていません。

家族葬にふさわしいセレモニーホールに最低限必要な設備は?

家族葬という言葉が多くの人に広まり、一般的な葬儀形式として認識されるようになってきました。
家族葬は、故人と親しい家族や親族だけで行う葬儀の形式です。
こじんまりとした規模ながら、故人との絆を感じられる温かな雰囲気が魅力とされています。
だからこそ家族葬にふさわしいセレモニーホールの設備は非常に大切です。
最低限必要なのは、プライバシーを保護するための完全個室のセレモニースペースです。
参列者が少人数であるため、静かで落ち着いた空間が求められます。
また、故人との思い出を振り返るための装飾を施せるスペースも重要です。
写真や思い出の品物を展示できるよう、棚やテーブルがあると良いでしょう。
音響設備も大切な要素です。
親族のスピーチや、故人が好きだった音楽を流すことで、故人をしのぶ時間をより深めます。
また、遠方に住む親族が参列できない場合のためのインターネット中継設備の充実も視野に入れる必要があります。
清潔かつ機能的な待合スペースや控え室、参列者のための駐車スペースの確保も重要です。
葬儀は長時間にわたることが多いため、休憩できる場所があると好まれます。
さらに、身障者への配慮として、バリアフリーの設計が施されているセレモニーホールを選ぶべきでしょう。
家族葬を選ぶ際は、このような設備が整っているかを確認することが大切です。
故人との最後の別れの時間を、大切な家族や親族たちと共に落ち着いて過ごせるよう、適切なセレモニーホール選びを心がけたいものです。

家族葬で故人に戒名を付ける場合の一般的な割合とその背景に迫る

昨今の葬儀事情において、家族葬を選択するケースが増加しています。
簡素でありながらも故人との思い出を大切にしたいという家族の願いが、この形の葬儀に寄せられています。
家族葬では、故人への戒名をどのように扱うべきかが一つの問いとなります。
戒名とは、仏教において亡くなった人に贈る名前であり、その人の人生や信仰を象徴するものです。
しかし、家族葬においては、宗教的な儀式を省略する傾向にあり、戒名を付けない選択をする家族も少なくありません。
実際に家族葬を採用した際の戒名付与の割合は、地域や宗派によって大きく異なりますが、全体の傾向としては従来の葬儀よりも戒名を付ける割合が低めになっています。
その理由の一つには、家族葬を選ぶ多くの人が形式よりも意味を重視していることが挙げられます。
仏教の戒律にこだわりを持たない家族にとって、戒名は必ずしも必要でないと考えるからです。
戒名は仏道を歩むための名とされ、その価値は葬儀の進行には直接関わりません。
そのため、家族葬における戒名の取り扱いは故人や遺族の意思に委ねられることが多く、故人が生前に望んでいたかどうか、また遺族の信仰心の強さによって、その決定がなされているようです。
さらに家族葬は親しい人たちが集まる小規模な葬儀であるため、大々的な形式ではなく故人の人柄や思い出を語り合う場になることが求められます。
このような背景から、戒名を伴わない家族葬も一定の割合で存在しているのです。
戒名の有無にかかわらず、家族葬は故人を偲び、家族の絆を深める機会を提供する貴重な時間といえるでしょう。
以上が、家族葬における戒名付与の現状と背景についての概略です。

公営斎場での家族葬による低予算での執り行いは可能か?

現代社会において多様化する葬儀のあり方の中で家族葬が注目を集めています。
家族葬は故人と密接な関係にある人々だけで行われる小規模な葬儀であり、親しい人たちが心を込めて最後のお別れを行うためのものです。
多くの人々が参列する一般的な葬儀とは異なり、家族葬では穏やかな雰囲気の中、故人の想い出を語り合うことができます。
しかし、家族葬を実施する場合でも、場所選びが重要なポイントになります。
公営斎場はその選択肢の一つであり、低予算での葬儀を考える際には特に注目されることがあります。
公営斎場は自治体が運営しているため、民間の斎場や葬儀社に比べて料金が抑えられている場合が多く見られます。
これにより、経済的な負担を減らしながらも、品位を保った家族葬を実現することができるのです。
また、公営斎場を利用する際は、施設によっては装飾や設備の利用に制限がある場合もあり、シンプルかつ必要最低限のサービスで行われることが多いです。
このため、故人とのじっくりとしたお別れの時間を大切にしたいご家族にとっては、適した環境が提供されることでしょう。
さらに、家族葬をより意味深く行うためには愛情深い演出を加えることが重要です。
この点においても、公営斎場では自由度が高く、家族だけの特別な儀式をアレンジすることができます。
結果として、公営斎場で行う家族葬は、低予算でありながらも故人への深い尊敬と愛情を込めたものになる可能性があるといえるでしょう。

家族葬の場合の注意点:通夜と告別式を同一日におこなう際の手引き

最近の葬儀の形式の中で、家族や親しい人だけで行う家族葬が選ばれることが増えています。
家族葬は親密な雰囲気の中で故人を偲ぶメリットがありますが、通夜と告別式を同一日に行う場合、留意すべき注意点が幾つかあります。
まず重要なのは、参列者に対する事前の通知です。
日程の詰まったプログラムは参列者にとっても負担となり得るため、可能な限り早く詳細を伝えることが肝要となります。
また準備の面においても、余裕を持ってスケジュールを組むことが大切です。
家族葬は規模が小さい分、個々の役割が大きくなります。
そのため、会場の手配、食事の準備、弔辞の台本作成など、充分な時間を確保して計画的に進めることをお勧めします。
加えて、葬儀のプロフェッショナルたちと密に相談を重ねることで、スムーズな流れを実現できるでしょう。
故人との心の距離が感じられる家族葬には、小さな手間や配慮がよりいっそう際立ってくるものです。
細かな手配や準備が必要ではありますが、そのすべてが故人への最後の思いやりともいえるでしょう。
皆が故人のことを温かく思い返せる、そんな家族葬を実現するためには事前の計画と配慮が欠かせません。
注意点を念頭においた上で、故人に相応しいお別れの時間を心がけましょう。

家族葬の後、故人を偲ぶお別れ会の適切な開催タイミングとその理由

家族葬は、親族や親しい友人限定で行われる小規模な葬儀形式です。
近年、この家族葬を選択する方が増えていますが、そうすると、広範な人脈を持っていた故人にとって、多くの人に別れを告げる機会が限られることになります。
そこで考えられるのが、家族葬のあとに別日にお別れ会を開催するというものです。
お別れ会は故人を偲ぶイベントであり、追悼の意を共有するために設けられます。
お別れ会の開催タイミングとして一般的なのは、家族葬を行った後、数週間から数ヶ月の間です。
この期間を設ける理由としては、まず家族葬直後では慌ただしく参列者のスケジュールが取りにくいことがあります。
数週間から数ヶ月の間を取ることで、改めて人々が集まる準備を整える時間を持つことができます。
また、この期間を置くことで参列者が故人の死を心の中でゆっくりと受け入れることが可能になります。
心の整理がついたところで、より落ち着いて故人の思い出を振り返ることができるでしょう。
故人の人となりやエピソードを共有する場としてお別れ会は最適です。
家族葬は親しい人たちのみで執り行う分、お別れ会で広く故人を偲ぶことは故人とその家族にとって価値のある行事になるでしょう。
故人を深く愛した人々がその思いを確かめ合うために、お別れ会は必要とされています。
何より、故人を温かく見送ることが最も大切なのです。

新宿区で家族葬を探す

落合斎場で家族葬

新着情報

◎2024/3/14

情報を更新しました。
>家族葬にふさわしいセレモニーホールに最低限必要な設備は?
>家族葬で故人に戒名を付ける場合の一般的な割合とその背景に迫る
>公営斎場での家族葬による低予算での執り行いは可能か?
>家族葬の場合の注意点:通夜と告別式を同一日におこなう際の手引き
>家族葬の後、故人を偲ぶお別れ会の適切な開催タイミングとその理由

◎2023/5/16

情報を追加しました。


>家族葬のデメリットは知名度がまだ一般葬より低いこと
>家族葬の歴史をたどってみる事にしましょう
>家族葬の所要時間は一体どれくらいなのか?
>家族葬には守るべきマナーばあるのは本当ですか
>近年選ぶ人が増えつつある家族葬と密葬の特徴

◎2022/7/20

情報を更新しました。
>近年家族葬が増加している理由には何があるのか
>形式にとらわれない演出をすることもできる家族葬
>家族葬には家族だけでなく故人の友人も参列できる?
>家族葬をする時は葬儀会社に相談するのが一番
>外国でもおこなわれることがある家族葬による葬儀

◎2021/9/18

情報を追加しました。


>無宗教であっても家族葬を行うことができるか
>家族葬を執り行う上での一日の流れを把握する
>家族葬に友人が参列する際のマナーについて
>葬儀で家族葬を選ぶメリットや特徴について
>家族葬で起こりがちなトラブルをまとめて紹介

◎2021/5/24

家族葬の場合の親族の香典目安
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

家族葬の香典は後日送るべき?
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「家族葬 時間」
に関連するツイート
Twitter

先週少し時間空いた時に家族葬に見学に行ってきた 親がどうこうじゃなく、自分がもしもの時に子供に迷惑かけたくないしお金もかけて欲しくないから💰 私がそうなって下りてくるお金は子供達が自分たちの為に使って欲しい なので希望は樹木葬 今度は樹木葬取り扱ってるとこに見学行こう(*´ω`*)

返信先:村八分にされるほど嫌われてるヤツ、っていうところにかわたつさんを当てはめてるわけだよね だいぶ失礼だな~w 葬儀なんだから参列するだろ、って言ってるわけだけど、家族葬なのに同じ時間にわざわざ同席してるの見ると、家族なんだろうねって思われるだけだよね

寝たきりだった祖父が亡くなったのでお顔見てお線香あげてきた。明日が通夜で明後日がお葬式。家族葬が初めてでよくワカランのだけどとてもシンプルなお見送り方になるみたい。東京行きの便を少し遅い時間に変更したけどライブには行けそう!…と言うと薄情だけど、、粛々とこなし私はライブに行くぞ。

転居する予定だけど、良くない葬式疲れで夫と『ダメじゃんね』言ってる。せめて家族葬にさせてほしいって言う時間も与えてもらえなかったけど、色々葬儀社の方にも申し訳なかった。住職の方にも今は…って言われても通夜告別式と父親、一人の人間と考えでもない疲れに襲われている

警察から連絡があって、DNA検査の結果間違いなく親族だろうと結論づけたとの事です。😮‍💨 葬儀は25日に決まりましたが時間は後日打ち合わせします。 兄貴には申し訳ないけど、しめやかに家族葬で送る事にしました。