家族葬の香典は後日送るべき?

家族葬の香典は後日送るべき?

家族葬の香典は後日送るべき? 家族葬は家族や親族、親しい友人のみで執り行う小規模の葬儀なので、訃報を後から知ったという場合も出てきます。
そのような時は、後日お悔やみを伝えると共に香典を郵送したい旨や弔問の意を伝えます。
家族葬の場合、そういった一連のしきたりを辞退していたり香典返しでかえって気を遣わせてしまう心配もありますから、迷惑にならないようご遺族の意向を最優先させることが大切です。
郵送するにしてもきちんと確認してからにしましょう。
辞退するとはっきり明記されている場合は、葬儀の日程に合わせ弔電を打つ方法もあります。
家族葬で葬儀が全て終わっていて、参列も叶わなかったけれど哀悼の意思は伝えたい、大変お世話になった方だから何かしたいという場合にはお花やお線香などを贈ることもできます。
家族葬でも、一般葬と同じく弔意を伝える点やマナーに変わりはないので後日送ることもできますが、まずは哀悼の気持ちやお悔やみの言葉を伝え、確認をしてからにすべきです。

家族葬で香典の代わりになるものをチェック

家族葬で香典の代わりになるものをチェック 家族葬は費用を安く抑えた葬儀であり、香典については辞退するのが一般的です。
無理に香典を渡そうとすると、マナー違反になってしまうので注意が必要です。
まずは訃報連絡や葬儀案内を確認してみることが大切です。
家族葬で香典を受け付けていない場合でも、供花や供物なら受け取ってもらえることがあるのです。
香典の代わりになるものとして、まずは供花が挙げられます。
葬儀でよく見るのは菊やユリ、カーネーションといった花です。
季節の花を選んでも良いですし、故人が好きだった花を選ぶという方法もあります。
供物にお菓子を贈るというのもおすすめです。
和菓子でも洋菓子でも良いのですが、基本は日持ちの良いものを選びましょう。
遺族が分けることを考えるなら、個別包装のものにするのが望ましいと言えます。
供物に果物を選ぶこともできます。
オレンジやメロンなど丸いものが良いとされており、主に籠に入れてお供えしましょう。
また、ロウソクや線香を供物として選ぶこともできます。

新着情報

◎2024/3/14

情報を更新しました。
>家族葬にふさわしいセレモニーホールに最低限必要な設備は?
>家族葬で故人に戒名を付ける場合の一般的な割合とその背景に迫る
>公営斎場での家族葬による低予算での執り行いは可能か?
>家族葬の場合の注意点:通夜と告別式を同一日におこなう際の手引き
>家族葬の後、故人を偲ぶお別れ会の適切な開催タイミングとその理由

◎2023/5/16

情報を追加しました。


>家族葬のデメリットは知名度がまだ一般葬より低いこと
>家族葬の歴史をたどってみる事にしましょう
>家族葬の所要時間は一体どれくらいなのか?
>家族葬には守るべきマナーばあるのは本当ですか
>近年選ぶ人が増えつつある家族葬と密葬の特徴

◎2022/7/20

情報を更新しました。
>近年家族葬が増加している理由には何があるのか
>形式にとらわれない演出をすることもできる家族葬
>家族葬には家族だけでなく故人の友人も参列できる?
>家族葬をする時は葬儀会社に相談するのが一番
>外国でもおこなわれることがある家族葬による葬儀

◎2021/9/18

情報を追加しました。


>無宗教であっても家族葬を行うことができるか
>家族葬を執り行う上での一日の流れを把握する
>家族葬に友人が参列する際のマナーについて
>葬儀で家族葬を選ぶメリットや特徴について
>家族葬で起こりがちなトラブルをまとめて紹介

◎2021/5/24

家族葬の場合の親族の香典目安
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

家族葬の香典は後日送るべき?
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「家族葬 後日」
に関連するツイート
Twitter

叔父が亡くなったとの連絡。 子供の頃は毎年会っていたし可愛がってもらってた。 家族葬にするらしいのでお礼もお別れも後日かな。

「なぜ葬儀に呼んでくれなかったんだ!」家族葬の後に“精神的苦痛”に悩まされた家族の告白(週刊SPA!) 夫の葬儀は私とチビの2人だけで葬儀は父の時からお世話になっている葬祭会社に夫が生前自身で頼んだもの。直葬で費用も最低限でした。親族へは後日ハガキで報告。→