家族葬の場合の親族の香典目安

家族葬の場合の親族の香典目安

家族葬の場合の親族の香典目安 家族葬でそもそも香典が不要なのではないか、と考えている人が多いかもしれません。
しかし、基本的には必要です。
その際に持っていくかの判断基準は家族側が明確にその受け取りを辞退しているかどうかです。
明確に辞退を表明していない限りは準備しておくのがおすすめです。
なお、家族葬の場合参列するのは多くの場合が親族です。
その際の相場は一般葬のときより全体的に高めです。
これは、一般葬に比べてそもそもの参列者が少ないためです。
具体的には、祖父母が亡くなった際の目安は3から5万円と言われています。
その際には香典を渡す側の年齢が高ければ高いほど多めに準備する傾向にあるので、自分の年齢にあった額を事前に準備しておきましょう。
また、両親が亡くなったときには5から10万円を、兄弟の場合には祖父母同様3から5万円が目安です。
ただし、その際には苦難を連想させる「9万円」や縁起が良くないとされている「4万円」は避けるようにしてください。

家族葬を行った場合の香典返しと挨拶状について

家族葬を行った場合の香典返しと挨拶状について 家族葬で故人を見送っても香典をいただくことがあり、香典返しが必要になります。
その際には挨拶状も必要なので、書き方や例文が気になります。
そもそも家族葬というのは、遺族の負担を軽くすることを大切にしているので、香典を送らない場合が多いです。
そうはいっても地域差や、人の思いがあるので一概にはいえません。
家族葬であることを伝える時に、香典は不要ということを同時に伝えることが大切ですが、いただいた香典には基本的には半返しか、1/3程度の品物でお返しすることになります。
挨拶状の内容で忘れてはならないのは、在りし日の故人になり代わってのお礼の言葉です。
もちろん香典をいただいことに対するお礼も伝えます。
戒名があれば添え、略儀でお礼を述べるお詫びも盛り込みます。
宗教ごとに書き方が違うので、用意されている例文が参考になります。
そのまま引用してもかまいませんが、オリジナルな内容が入っていると、より伝わるものがあるといえます。
最後に必ず守るルールとしては、句読点を使わないことと忌み言葉を避けることです。

新着情報

◎2024/3/14

情報を更新しました。
>家族葬にふさわしいセレモニーホールに最低限必要な設備は?
>家族葬で故人に戒名を付ける場合の一般的な割合とその背景に迫る
>公営斎場での家族葬による低予算での執り行いは可能か?
>家族葬の場合の注意点:通夜と告別式を同一日におこなう際の手引き
>家族葬の後、故人を偲ぶお別れ会の適切な開催タイミングとその理由

◎2023/5/16

情報を追加しました。


>家族葬のデメリットは知名度がまだ一般葬より低いこと
>家族葬の歴史をたどってみる事にしましょう
>家族葬の所要時間は一体どれくらいなのか?
>家族葬には守るべきマナーばあるのは本当ですか
>近年選ぶ人が増えつつある家族葬と密葬の特徴

◎2022/7/20

情報を更新しました。
>近年家族葬が増加している理由には何があるのか
>形式にとらわれない演出をすることもできる家族葬
>家族葬には家族だけでなく故人の友人も参列できる?
>家族葬をする時は葬儀会社に相談するのが一番
>外国でもおこなわれることがある家族葬による葬儀

◎2021/9/18

情報を追加しました。


>無宗教であっても家族葬を行うことができるか
>家族葬を執り行う上での一日の流れを把握する
>家族葬に友人が参列する際のマナーについて
>葬儀で家族葬を選ぶメリットや特徴について
>家族葬で起こりがちなトラブルをまとめて紹介

◎2021/5/24

家族葬の場合の親族の香典目安
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

家族葬の香典は後日送るべき?
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「家族葬 親族」
に関連するツイート
Twitter

家族葬というものを初めて体験した。 お坊さんも呼ばない、所謂無宗教での簡単な葬儀だった。 若い人ならともかく、年寄りだし、特に親しい人がいたわけでもない。 本当に家族と親族だけのお葬式。 和やかでとてもいいお式でした。

父が亡くなり3日目。通夜と告別式、骨上げ。家族葬とはいえ親族集まり気疲れ、でも兄姉や甥姪たちが一人暮らしの我が家に集合し(総勢8人)、帰ったあとは圧倒的な寂しさ。これから49日は骨壺の父と二人きりだ!(増えた!?)

親族の中には故人との関係が深かった方もいると思います。その気持ちに上手に寄り添いつつ葬儀を執り行うかが難しいところ。家族葬だから完全に家族だけ、ではなく柔軟に対応できると良いですね。 そこが難しいんじゃん!とおっしゃる方「普通のお葬式」の相談してみましょう。 #お葬式#家族葬

家族葬だから少人数で…の気持ちもわかりますが、親族の気持ちを蔑ろにしてしまうのも悲しい話。 対策としては事前に親族リストを作成しておく、親族間で話し合いをしておく、亡くなった際に一報を入れて事情を伝える等があります。

〈Q.火葬式で気を付けることは?〉 以下の可能性があります。 ①親族が納得しない ②菩提寺に納骨できない ③弔問客の対応に追われてしまう 通常のご葬儀に比べてシンプルな分、周囲の理解を得ることが大切になります。 ▽コラムで詳しく読む🖊